2011年09月03日

落花生

最近またしても低血糖症が私を苦しめております。

(低血糖に関する昔の記事はこちら、そしてその後の記事はこちらをクリック!)

もうなにしろ、体力がない感と貧血起こしそう感に頻繁に襲われる…。
そして決まって砂糖の入ってる物を口にすると治まる。←これが一番良くない。
お砂糖を口にして血糖値の急上昇が起こると、その後の急降下につながるので本当にヨロシクナイ。

以前のように食事の回数を増やして対応しようとも思ったんだけど
正直、自分の為だけに料理するなんて時間を裂けないのが現状。
それに私の食べる物は何でも欲しがるみぃみがいるのに、そんなに何回も食事出来ません。
みぃみが小児肥満なんて事にでもなったら私の責任ですもの。


そこで思いついたのが落花生。

常に常備・携帯できるし、なんといってもナッツ類全般的に糖分の吸収率が低いらしい。


でもねー、落花生がまずいのです。もうやだ〜(悲しい顔)

買って来る落花生、落花生、ほとんどが「これは落花生じゃなくてバターピーナッツだろがっ!」と
思うような…うまく言葉では説明できないんだけど…日本で食べる落花生とは大違い。

「落花生は諦めて他のナッツにしようかなぁ…」とも思ったけれど、
そうすると今度は塩分が気になる。大抵のナッツには塩かかってるんですよねぇ。


そんな、美味しくない落花生で妥協しながら血糖値の低下との戦いの日々を続けていたのですが
今日めでたく、珍しく美味しい落花生に出会う事が出来ましたるんるん


DSC05187.jpg

ちょっと殻が焦げてる感じが手作り感いっぱいでしょ?!

下手すると、中の豆が炭になってることもあるんですがわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
それでもこちらに来てからの、味はNO.1の落花生です。


「うわぁ〜、血糖値下がってるなぁ、いま…」と感じる時に、
一握り分の落花生を食べて少し横になると気分が楽になります。


でも、問題点が一つ。


落花生の殻って分解しづらいようです。堆肥置き場が落花生の殻でパンパンです。ふらふら



あーあ…八街の半立の落花生が懐かしい…。
posted by ねこmama at 16:16| ロサンゼルス ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | いろんなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

お誕生日

すっかりサボりに入ってるワタクシねこmamaですが…たらーっ(汗)

8月24日、みぃみはめでたく2歳になりました。ぴかぴか(新しい)


誕生日の前の晩、みぃみが深い眠りについてからこっそりと部屋に忍び込んで
壁にいろんな飾り付けをし、去年と同じく風船をたくさん仕込んで、
後はみぃみが翌朝目を覚ますのを待つ…


そして、朝。




「キャーーーーーーーーーーーー!揺れるハート」というみぃみの喜びの悲鳴を合図に
主人と二人でみぃみの部屋に行くとベッドの上で満面の笑顔のみぃみ。

DSC05164.jpg

みぃみの人生二度目の誕生日はこうして始まりました。



こちらの夏はあまり気温も上がらず湿気もないので、かなり涼しく感じるのですが
毎年8月の下旬から9月の初め頃までは30℃越えの残暑が続きます。


…思えばみぃみが生まれた日も、みぃみを連れて病院から退院してきた日も外は灼熱地獄でした。


そんな、暑いだろうと予測されるみぃみの誕生日に何をしようか…と、
何ヶ月も前からずっと頭を悩ませていたウチの主人が決めたプランは…



DSC05152.jpg

みぃみの水族館デビュー!でした。

屋内ですしね。エアコン効いてますしね。お魚いっぱいいますしね。


水の中を泳ぐアシカに「おーーーっ!」と歓声を上げ、
あんまり動かないウツボやカニは軽くシカトし、
小さな赤い魚を見て「ポニョ!」と興奮するみぃみ。

そんなに規模の大きい水族館ではなかったですが、みぃみには十分楽しんでもらえたと思います。


そして夜…


DSC05161.jpg

去年はまだ出来なかったキャンドル消しも今年は一人で出来ましたよっ!手(チョキ)


***********************************************************

そしてその翌日、お義姉さんから電話がありました。

「今週末の日曜日、みぃみちゃんのお誕生日会をやってあげたいんだけど…」って。
姪っ子甥っ子たちの学校はもう始まっているのでみぃみの誕生日当日はムリだったけど
週末にみんなで賑やかにお祝いしてあげたいと言うのです。
こんな嬉しい申し出は断るわけがありません。

早速日曜日にお義兄さん宅へお邪魔させていただきました。



たっくさんおもちゃもらって…

従姉妹達がみぃみの為に選んでくれたお洋服もいただいて…

海に連れて行ってもらって砂浜を走り回り…

従兄姉妹達と一緒に巨大砂の城も作って…

くったくたになってお昼寝もして…

従姉のお姉ちゃんにお風呂にも入れてもらって…



そして…

DSC05167.jpg

ちゃっかり今年二度目の誕生日ケーキも食べて来ました。ハートたち(複数ハート)


だんだんといろんなことが理解できるようになってきているみぃみ。
表現力も豊かになってきていて、いろんなところで見せる嬉しい顔や驚いた顔、
はにかんだ顔や照れてる顔…
そんなコロコロと変るみぃみの表情が見るのが楽しくなってきた2歳の誕生日でした。
posted by ねこmama at 06:46| ロサンゼルス ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | みぃみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

最盛期

我が家のいちごが収穫の最盛期を迎えています。


…いちごの収穫期って初夏じゃなかったっけ???

もう8月…これって真夏って言うんじゃない???


いくら四季生りの種類だといっても、ちょっと時期はずれな気がします。たらーっ(汗)


DSC05039.jpg

どうです?この完璧なまでの熟し具合!?
中まで真っ赤っかなんです。


株数が少ないので一度に大量収穫は望めませんが、
みぃみのおやつにはちょうど良い量が収穫できます。
タグ:いちご
posted by ねこmama at 13:49| ロサンゼルス ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | なんちゃって農家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月08日

抽選

お客様が来ていたので予定より遅れてしまいましたが、
オアフ島からの「太っ腹?」のおみやげ企画の抽選を行いました。

応募していただいた皆さんの名前を紙に書いて折りたたんでから容器に入れ、
「みぃみ、一個だけ取って?!」とお願いすると…


DSC05107.jpg

「これでもか!」って位に覗き込むみぃみ。わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)



と、とりあえず、本人が満足するまで覗き込ませてからたらーっ(汗)もう一度
一枚取るようにお願いすると…

DSC05108.jpg

ようやく手を入れるみぃみ…



そして、一枚手に取ってから「あっ!」と、まるで間違った物を取ってしまったかのように
すぐに入れ物に戻すみぃみ。ふらふら
(↑もちろんこの時点では紙を開いてないですよ。)


「みぃみ?一個だけ取って、ママにちょうだい?!」とお願いすると
ようやく紙を一つ取り出して私に渡してくれました。ふぅ〜ダッシュ(走り出すさま)

やれやれ…です。わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)



さて、当選した方は…
posted by ねこmama at 14:41| ロサンゼルス ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | いろんなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近郷情怯

台湾からお客様が来ていました。


何を隠そう、熊熊(ションション)ママとその彼女が遊びに来てくれたのです。


…嬉しいですね。我が家を巣立ってから約3年。
すっかり立派な社会人になって日々仕事に追われながらも
私達のことを忘れずにいてくれて、わざわざ会いに来てくれたのです。


心持ち体格のよくなった熊熊ママと、すっかり大人の女性になったその彼女。

「どっか行きたい所ある?」と聞くと、「皆で一緒に時間が過ごせればなんでもいいよっ!」と
言うので…

DSC05089.jpg

皆で公園に遊びに行ってきました。

みぃみはすぐに二人に慣れて駆け寄っていくわ、二人の名前を叫ぶわ。
夜になっても、熊熊ママ達がリビングにいるのがわかっているので寝たくない様子。

「明日、熊熊ママと彼女とまた遊びに行くから、今日はいーーーっぱいねんねして
また明日いーーーーっぱいあそぼっ?!」と言うと、ようやく納得したらしく二階の寝室へ。



積もる話をたーっくさんして、みぃみともたーっくさん遊んでもらって、
昔みたいにバカな話をたーっくさんして…
あれから3年近くも経ったなんて信じられない位、この二人がここにいるのが普通に感じて
なんだか不思議な気分。

中国語で「近郷情怯」という言葉があるそうです。
長らく離れていた故郷に帰る時に「みんな、覚えていてくれてるかしら?」とか
「変っちゃってないかしら?」ってドキドキそわそわするっていう意味らしいです。

「こっちに来るって決めた時、『mama達は私達のこと受け入れてくれるかしら?』とか
『喜んでくれるかしら?』とか、メッチャ緊張したぁ〜!でも、来て良かった。
何にも変わってなくて、まるでまだここに住んでる気分だよ。
休暇で台湾に行ってたみたいな気分。」だって。


でも、やっぱりお別れの時間は来るんですよねぇ…。

二人が帰るときに思わず出た言葉。
「また……寂しくなるよ……」と言うと、みんなでまたウルウルしちゃって。もうやだ〜(悲しい顔)


「また来るねー!手(パー)

「今度みぃみ連れて台湾行くからねー!手(パー)

お互いにそんな約束をして別れました。

正直、ホームステイファミリーをやっていた時は結構きっつい事もあったりしたけど、
こうやってわざわざ会いに来てくれる子達もいたりすると、
私達がやっていた事は無駄じゃなかったんだな、やって良かったな、って思いますかわいい
posted by ねこmama at 14:26| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の生徒たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。