2008年10月15日

駐車場にて

DSC00909.jpg

駐車場にて買い物中のご主人様をお待ちです。
posted by ねこmama at 13:36| ロサンゼルス ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

衣類

30℃超えのLAから昨日一気に20℃まで気温が下がり、
熊熊ママはすっかり鼻声、私もなんだか喉の調子が…。

さて、私と主人、念願の日本行きを11月に決行する事になりました。手(チョキ)

…が、困った事が一つ。



それは…



着る物。

11月の関東地方って気温どんなだった???

私も主人も数日前の30℃越えのある日、ダウンジャケットを汗だくあせあせ(飛び散る汗)になって試着。

そして、二人で顔を見合わせた。

「これって本当に必要???」って。

私は何とかなるのですよ。本当に寒ければ家族から着る物借りられますからね。
買うっていったって、そこら辺ですぐに買えますからね。

問題は主人です。主人サイズの服なんて私の知ってる限り借りられる人はいません。
主人サイズの服を買えるのかどうかも疑問です。(ちなみに日本のサイズだとXXXLです。)

考えてみたら私達夫婦は年がら年中半袖Tシャツ。
夏と冬で違うものと言えば上着を持って出かけるか出かけないか、
もしくは靴下を履いてるか履いてないかくらいの違いで、それ以外は一年を通して一緒。

関東地方の11月だったら、それくらいの装備で大丈夫なのかしら???

まだまだ三寒四温の続くLA、明日からまた気温が上がるようです。
…私と主人はまだまだ汗だくでダウンジャケットの試着を続けなければいけないのでしょうか?
posted by ねこmama at 14:12| ロサンゼルス ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | アメリカの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

三寒四温

日本だと冬から春に変わる時期、三日間寒い日が続き四日間暖かくなる、
そして、この周期を繰り返しながら段々と春になっていくって言いますよね。
いわゆる三寒四温ってヤツ。

実は数日前の記事で「暑いー!」と書いた直後に急に涼しくなったのですよ。
「あらぁ〜、靴下はいてないと足先が冷たくなっちゃうわー。秋ねぇ。」なんて思ってたくらい。

そしたら、今日…


突然…


晴れ暑い。あせあせ(飛び散る汗)

「三寒四温かぁ…」なんて一瞬思ったりもしたけど、違う、違う。

「あ、そっかぁー。LAは日本のほぼ裏側だからかぁ…」なんても思ったけど、それも違う。ふらふら


でも…


LAって実は南半球にあるのかもしれない。


って、一人でこっそり思う事にした。ふらふら
posted by ねこmama at 07:12| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

残暑?

いやぁ、ここ数日暑いのですよ。

この夏、比較的過ごしやすい気温で過ごしていたのですが、
ここへ来て気温が一気に上昇。右斜め上 って、もう秋のはずなんですが。たらーっ(汗)
しかも、夜になっても気温が下がらない。(私の)体感温度的には「熱帯夜かっ?!」って感じ。
扇風機24時間回しっぱなしです。

なんでも日本はすでに寒いとか?

…温泉旅行いい気分(温泉)が最適な季節になってきたんでしょうねぇ…。

いいなぁ…紅葉を見ながら温泉。いい気分(温泉)

さんまも美味しい季節だねぇ…。

もうちょっとするとふぐ料理なんてのも出てくるねぇ…。ジュルッ!
posted by ねこmama at 22:48| ロサンゼルス ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

会話

DSC00102.jpg昨日、いつものビール屋さんに熊熊ママ(←お酒飲まないふらふら)も一緒に行ってきました。
随分長い事ビールを飲んでなかったのでそれはまぁ旨いこと、旨いこと。ビール
コーラを飲む熊熊ママを横目に主人と二人、ビールを堪能してきました。

…いつものようにくだらないバカ話を3人でしていると、近くに座っていた他のお客さん(ロバート・白人・自称ドイツ系アメリカ人)が声をかけてきた。
(注:個人名は私の記録の為に書いてます。たらーっ(汗)
…どうやら連れ(チャーリー・白人)が彼女(名前不詳・フィリピン系アメリカ人)と深刻な話を始めた為に居づらくなったらしい。ふらふら

とはいえ、悪い人でもなさそうだし、年齢も近そうだし、更には面白い人だったので私達も会話を楽しむことに。

しばらくするとチャーリー達も深刻な話が終わったらしく、イスを引っ張ってきて私達のテーブルに。
DSC00105.jpg…ところで皆さん、アメリカで初対面の人とは避けた方がいい話のネタってなんだか知ってます?

それは、政治の話とフットボールの話。

この二つは話が白熱しすぎる事があるから避けた方がいいんですって。
何しろ、ホラ、こっちの人は「自分が身を引く」とか「相手に華を持たせる」とかっていう事が嫌いですから。たらーっ(汗)

が、昨日は違った。ふらふら 最初のうちはくだらない話しをしていたのに、選挙が近いせいか何故か政治の話に。

まずは自称共和党支持者のロバートの言い分。

「うちは代々共和党を支持してきてるから。
…みんな今の中東での戦争はブッシュ(共和党)の責任だって言うけど、それは違うよ。
あの場合攻撃に行く以外にどんな方法があったって言うんだい?
攻撃せずに攻撃され続けてアメリカ国内で戦争が始まった方が良かったって言うのかい?
…もちろんブッシュは歴代でも最悪の大統領の部類に入るけどさ。
それでもブッシュが100%間違ってたとは思わない。
(今度の選挙について)みんなオバマが大統領になれば経済復興がすぐに始まると思ってるけどそんな事はまずないね。
誰が大統領になったってそんなに簡単に今の経済を救う事はできないさ。
戦争の責任をブッシュ一人に押し付けて『マケイン(共和党)はダメ!』なんておかしいよ。
…とは言え、戦争で民間人が死んでいく事にはやっぱり疑問があるんだよなぁ。
俺は共和党支持者である事を誇りに思ってる。だけど…
誰が次の大統領になれば世の中が良くなるのかって考えた時に自分が何を信じたらいいのかわからなくなってきたんだよ。」…と。

そして自称民主党支持者のチャーリーの言い分。

「(経済の話を長〜く語った後で)もしヒラリー(民主党)が候補者になってたら彼女は当選しただろうな。
俺の長いか短いかわからない人生の中でもクリントン(民主党)が大統領だった時のアメリカが一番暮らしやすかったしね。
そう思ってる人が大勢いるだろうし、『ヒラリーが大統領になればまたあのよき時代が戻ってくる』と信じてる人も多かったと思うよ。俺もそうだし。
(また長〜い経済の話)でもさ、こうやって選挙の話を皆がしてるじゃない?
で、思うわけよ。…なんか争点がずれてるなぁ…ってね。」

そこで私が「それってどういう意味?」と訊いてみた。

するとチャーリー、
「みんな政治経済の話をベースに次期大統領候補の話をしてるフリをしてるけど、
俺には結局の所『肌の色戦い』にしか思えなくてさ。」と。

彼がそう言った瞬間、その場にいた一同全員が深く頷いた。

更に自称「なんとなく民主党支持者かもなー」のウチの主人。

「派閥がどうのとか、世の中がどうのとか、みんな政治の話をしてるフリをしてしゃべってるけど、実際の所はみんな自分の生活が一番なんだよ。
…どうやって家族を支えていけるか、どうやったら自分が食っていけるか、とかさ。
それが生きる為に一番大事なことであって、それ無しには政治なんて存在しないのに、
それがわからない政治家だらけだ。
食う物に困った事のないボンボンの政治家連中に何がわかる。」と。

そしてまたここで一同深く頷いた。

結局最後にはまた馬鹿な話でお開きになったけど、この初対面の人達と過ごした3時間半、
なんだか私にとってものすごーく奥が深くて、一生忘れられない3時間半になりました。
この三人と話をしている間は、今までのアジア人だからと差別される事を多く経験してきた事もすっかり忘れられたくらい普通に会話ができたことも嬉しかったし、ね。

話の中で、どうやら行くバーが同じらしいという事がわかり、
「またきっとその辺であうよ。その時はまた一緒に飲もう!」と握手をして別れました。

車に乗り込むと熊熊ママが「あたし、白人さん相手に緊張しないで話が出来たの初めて。揺れるハート」とちょっと興奮気味。
彼女が台湾に戻る前にこういう経験ができてよかった、よかった。るんるん

さて、余談ですが、この日の会話でわかった事。
どうやらフィリピン、台湾(要するにアジア方面)のマスコミはマケインが大統領になる説が有力で、ヨーロッパ方面ではオバマ説が有力らしいです。

さて、さて、どうなることやら大統領選。

追伸:
今日のこの長く、面白くもない記事を最後まで読んでくれた人達へ

どうもありがとう!

…そう、そう、写真のビール達、どれも美味しかったです。
どこかでみつけたらお試しあれ。
タグ:ビール屋
posted by ねこmama at 07:26| ロサンゼルス 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

プチ旅

「そうだ!旅に出よう!」…と思ってからかれこれ数週間。

今ひとつ重い腰(体?)が上がらなかった…。バッド(下向き矢印)

が、この週末の日曜日、何気なく「ねぇ、旅にでも出ようかぁ…」とダラ〜っと
主人に向かって言ってみると「おっ!いいねぇー!るんるん」と快調なお返事。
で、突然思い立って「プチ旅・Temecula(テメキュラ)」へ行って参りました。

DSC00809.jpg

TemeculaはLAダウンタウンから車で約1時間半、砂漠地帯の中を東よりに南下した所にあります。
「Temeculaに何があるの?」と聞かれたら、答えはやっぱり「ワイナリーバー」です。るんるん

DSC00820.jpgで、早速行きつけのワイナリーへ直行。
ここは簡単な食事と共に買ったワインをガーデンで楽しめるのが良い所。
この日もご多分に漏れず軽い昼食とワインを一本を持って外へ。

暑くもなく寒くもなく、心地よい風がそよそよと吹いていてなんだかとっても気持いいっ。ハートたち(複数ハート)

これなんだよねぇー。

「心が開放される」っていう感覚?

なんか、大枚はたいて特別楽しい事してる訳じゃないし、広大な計画を立てて長期の旅行に来てる訳じゃないんだけど、気分晴れ晴れ晴れ心ウキウキ揺れるハート

こういう時間ってやっぱり大切よねぇー。っと体感しながら開放感を満喫してきました。

DSC00821.jpg深呼吸をして…

ふっと見上げると…

そこにはオリーブの木。

たわわに実るオリーブの実を見上げて確信した事。

「…うん、やっぱりアタシオリーブの木が欲しい。」
posted by ねこmama at 08:13| ロサンゼルス ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | アメリカの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Temeculaへのプチ旅より…



Temeculaでワインといえば?  



DSC00826.jpg

やっぱりブドウ畑…




そしてカリフォルニアの名産といえば?  




DSC00837.jpg

オレンジ畑…




砂漠といえばサボテン、サボテンといえば?  




DSC00845.jpg

アロエ畑…




そして、最後に南国トロピカルといえば?  




DSC00840.jpg

…やっぱり椰子の木畑…でしょ。

posted by ねこmama at 07:33| ロサンゼルス ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

肌の色

もう随分前の話になりますが、ある町で黒人のファミリーが銃殺されました。
お父さんとお母さんと若干6歳の男の子。
このファミリー、どこか他所の州から来たらしく、レンタカーを借りて住む場所を探している時にガソリンスタンドで南米系のギャングに車の中で射殺されたとか。
理由は「俺達の縄張りに黒人なんか住まわせるか!」というもの…。

私の住んでいる所はアジア人、南米人、白人が多く、黒人さんはほんの一世帯だけ。
両親とお兄ちゃんと妹の4人家族。
この娘さん(現在25歳)、よく我が家に来てはよく立ち話をするのですが、
ある日、彼女の子供時代の話を聞くことができました。
なんでもこの町で生まれ育ったという彼女、小学校の頃、クラスメートに黒人さんは一人もいなかったとか。
そんな時、仲の良かったアジア人の友達に「うちの親がね、OOちゃんと遊んじゃダメだって。…一緒に遊んでるとあたしまで黒くなっちゃうって。」と言われたとか。
挙句の果てには「チョコレートミルクを飲むと黒人になっちゃうんだって。」とも言われたとか。

9/11の事件からしばらく経った頃、当時我が家にいた台湾人の女の子が中国の新聞を私に見せてくれました。
そこには一枚の写真が掲載されていて、よく見てみるとどうやら手紙のよう。
手紙の内容を読んでみると「アジア人め!お前らのように汚い人種に住む場所なんかないんだ!今度俺の前にその姿を現したら撃ち殺してやる!虫けらどもめ!」という脅迫文書でした。

数年前のこと。ウチの主人のお義父さん(白人)が「mama、ちょっと人手が足りないから手伝ってくれないかなぁ。俺の友達の家なんだけど。」と頼まれ、お手伝いに行ってきました。
お客さんの家の中で作業をしていると、家の主(白人)が帰宅。
他の作業員に「お疲れさまぁ〜揺れるハート」と声をかけながらリビングに入ってくると、そこには私の姿。
その時は何事もなく終わったけど、翌日になってお義父さん宛に手紙が。
「アタシの許可もなくアタシの家にあんな汚い人種を入れやがって!家が汚れたわ!もうびた一文払いませんからねっ!!」という内容。
以来お義父さんのその一家との付き合いはなくなったらしい。


…なんだかなぁ……。


節操のない世の中だなぁ…。
posted by ねこmama at 06:59| ロサンゼルス 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

ボーリング

ちょっと前の話になりますが…

DSC00100.jpg

ボーリングに行ってきましたっ!るんるん

一体全体何年振りでしょう。(何十年ぶり?たらーっ(汗)
運動ウンチの私ですが、ボーリングは結構いけたのですよ、昔。
そんな過去の栄光を思い出して久しぶりのボーリングに挑戦!


…のはずが玉砕です。もうやだ〜(悲しい顔)

もう、全然玉が真っ直ぐに進まない。
真ん中から投げればガーター、端から投げれば反対側にガーター。失恋
久しぶりだし、一回戦目だし、これはただの練習、練習…と自分を慰めておいて、
リベンジ!…と、次に挑む。


…が、またも玉砕。もうやだ〜(悲しい顔)

二回戦目に入ったらすでに腕が疲れきっちゃってて、一回戦目よりもひどい状態。
で、スゴスゴと撤収することに。バッド(下向き矢印)…こんなはずじゃなかったのになぁ…。

なーんか悔しいなぁ…。

ちょっと体を鍛えてもう一回リベンジに行きたいなぁ…。

posted by ねこmama at 07:36| ロサンゼルス 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

立て札

DSC00569.jpgLA内の某所にて。

歩道の脇にある花壇の中にこんな立て札を発見しました。
「DO NOT DRINK」ってさ、花壇の中にナニ飲む物が???

「市の自然保護の一環として、ここは再利用の水を使用しています。」

…水? …もしかして花壇用のスプリンクラーの水?

すると主人が一言。
「あー、ホームレス用に立ててあるんだよ、あの札。」

…いくらホームレスでもスプリンクラーの水なんて飲むんだろうか…。

posted by ねこmama at 04:37| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。