2010年01月09日

お散歩コース

DSC05479.jpg

夕方4時半、今日のお散歩はいつもとは違う方向へ行きます。
今日もみぃみはロシア人みたいな帽子をかぶって出発。
ちなみに私は半袖Tシャツ一枚…みぃみ、暑いのかなぁ…。






DSC05483.jpg

我が家から一番近い公園。通称「そこの公園」。
ロサンゼルスでもやっぱり木は「冬の色」になります。
…う〜ん、もしかして「秋の色」かなぁ…。






DSC05486.jpg

私がポケットからカメラを出して空の写真を撮るたびに
他の通行人が何かあるのかと思ってその方向を振り返ります。
「…ごめんねー、ただの空と鳥の写真だよー。」






DSC05488.jpg

大通りに出ると、ヤシの木たちが夕日を浴びていました。
なんか、霞がかった感じが素敵。







DSC05490.jpg

「あっ!飛行機雲!」何故か私は飛行機雲によく反応します。
子供の頃の甘酸っぱい記憶が蘇ってきて、
ほっこり暖かい気持ちと泣きたい気持ちが交差するのです。







DSC05495.jpg

この写真を撮ってる時、私のお仲間を発見。
通り沿いにあるレストランから出てきた白人のおじいちゃんが
私と同じ方向に向かってカメラを向けていました。







DSC05496.jpg

片道約15分強で目的地に到着ぅー!
みぃみはこの間ずーっと足をブラブラさせながら辺りを見回しています。
さて、随分日も暮れて来たので急いで用事を済ませましょう。







DSC05502.jpg

ちょっとだけ急ぎ足で帰ります。
我が家の近くまで帰ってきたときにはもう真っ暗。
「そこの公園」のベンチが街灯に照らされていました。



さて、今日目的地でゲットしてきたもの、




それは…




DSC05514.jpg

キャベツ一個。
posted by ねこmama at 22:16| ロサンゼルス ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

ツリーの末路

こちらではクリスマスツリーに生木を使う所が多いようです。
そういう我が家も生木を使ってるんですが。

日本と違ってこっちの人はクリスマスが終わってもしばらくはクリスマスデコレーションをそのままにしておくので(主人曰く、「余韻を愉しむ為」だそうです)クリスマス直後より年が明けてから撤去する人が多いように思います。
DSC05443.jpg
大抵の場合、前庭や路地裏それにゴミ箱の近くなんかに放置しておけば市で回収してくれます。

だから今位の時期になると写真の様な光景に出会う事が多くなります。

回収されたクリスマスツリーはほとんどの場合焼却処分されるようです。
堆肥にしたりしている所もあるようですが、針葉樹の堆肥はあまり使われないんではないかとワタクシ個人的に思うのですが…。

毎年大量の木がクリスマスツリーの為だけに伐採されている事と、その処分方法を考えると「クリスマスツリーって…」と考えてしまいます。

考え続けてかれこれ数年が過ぎているのですが、どこかで行動に出ないといけないなぁ…と思っています。

posted by ねこmama at 00:38| ロサンゼルス ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | アメリカの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

暖かい日曜日

DSC05409.jpg

久しぶりにRedondo Beachへやってきました。
熊熊ママ達と食事して以来、かれこれ1年以上訪れていなかったようです。

この日は…というか、年が明けてから毎日とっても暖かいロサンゼルス、
外をふらふら歩くのがとっても気持ちいい〜!晴れ

DSC05402.jpgって、ふらふらしているとペリカンが…。

ペリカンってデカいんですよっ?!
でもって、くちばしが長いから危険。
いつ突っつかれるかわかりません。
それに、釣りをしてると餌を横取りしようとして近くに寄ってくるからおっかない!がく〜(落胆した顔)
たまに釣り針が刺さってるペリカンも見かけます…。かわいそうに…。

でもこの日は恐る恐る近づいて写真カメラを撮ってきました。

これもひとえに我がブログを愛する故に出来た至難の業…はウソです。いい過ぎです。

DSC05405.jpg実は、みぃみとペリカンを一緒に写真に収めようとして主人に怒られた大ばか者です。ふらふら
…でも、この写真を撮りに私が一人でペリカンに近づいても主人は何も言いませんでした。もうやだ〜(悲しい顔)
愛されていない証拠です。…これもウソです。呆れられてる証拠です。もうやだ〜(悲しい顔)


話は唐突に変わりますが、ペリカンって寝てる姿、気持ち悪いですね。たらーっ(汗)


って、私がこんな事をしているときみぃみは…


DSC05413.jpg

…昼寝の時間を私達に無理やり連れ出されて「なによー!爆弾」的なお顔です。たらーっ(汗)


暖かいっていうのにロシア人みたいな帽子をかぶせられて「頭蒸れんのよー!爆弾」的なお顔かも知れません。ふらふら


さて、遅いお昼をこの桟橋でとることにした私達、主人はフィッシュ&チップス(白身魚のフライとフライドポテト)私はちょっと新しいものにチャレンジ!
DSC05423.jpgコレです。ソフトシェルクラブのフライ。

ソフトシェルクラブとは脱皮直後のカニの事。
甲羅が柔らかいので甲羅ごと料理して食べられるんです。
これ、旨いっす。るんるん
ソフトシェルクラブの天ぷらを太巻きのお寿司に入れたヤツ(スパイダーロールという)なんかは私の好物で、おすし屋さんに行くと必ず注文します。

さて、この日初チャレンジしたこの唐揚げですが、旨いっす!!
ガブッっと噛み付くと、表面カリカリで甲羅ごと揚げてあるから香ばしくて、でも中からかに味噌がジュワ〜って。揺れるハート

お・す・す・めっ!です。手(チョキ)

DSC05429.jpg

…そんなこんなで日も暮れ始め、見事な夕日と飛行機雲に見送られながら帰路についたのでした。

posted by ねこmama at 22:55| ロサンゼルス ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | アメリカの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

「静かに!」

最近残業に休日出勤に…と、何やら忙しい様子のウチの主人。
我が家の方程式として「忙しい主人」=「忙しい私」になるのです。
なにしろ何にも手伝ってもらえなくなるので全部私がやる事になって…。

そんなある日、疲れた主人に疲れた私…で、夕飯はピザを電話で注文する事に。
みぃみにはいつもより少し早く寝てもらい、ピザを注文する時に
「赤ん坊が寝ているのでチャイムを鳴らさないで下さい。」とお願いし、
後はピザの到着を待つだけ。

しばらくして配達の人が小さく小さくドアをノック。
支払いもピザの受け渡しも聞こえるか聞こえないか程のひそひそ声。

リビングのテーブルに箱を乗せ、二人でピザをほお張る。

DSC04856.jpg…と、なにやら目に付いた物が…

「Sleeping baby! Shhhhh!」って。
つまり「赤ちゃんが寝てます。シーーーッ!」って箱に配達員さん用に注意書きが。

フッフッフッ!
なんか、かわいいっ!

posted by ねこmama at 05:50| ロサンゼルス ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | アメリカの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

夕日

天気の良かったある日曜日の夕方、ウチの主人が突然いいました。

「みぃみに夕日を見せてあげよう!わーい(嬉しい顔)

…で、早速出発です。

DSC04805.jpg

場所は我が家から車で20分位のところにある桟橋。
木造なところがちょっとおしゃれ。
なんでも主人が若い頃一番よく来たサーフィンスポットなんだそうです。

夕日を見るにはちょっと早く到着したので、桟橋で釣りをしてる人達を見学。
この日は水温が低かったせいか、釣果はイマイチのようでした。ふらふら


2,30分釣り人を見ながらフラフラしていると…


DSC04807.jpg

こ〜んな見事な夕日を見る事が出来ました。グッド(上向き矢印)


が、肝心のみぃみはと言うと…


DSC04809.jpg
当の昔に眠い(睡眠)でした。ふらふら


「寒いっ!寒いっ!さぁ、帰って暖かいものでも食べよっか。」と家路に着いたのでした。

posted by ねこmama at 06:15| ロサンゼルス ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

「バンザイ」

ようやく昨日辺りから鼻の奥に感じてた「熱の根源」の様な物が溶け出してきて
グズグズしていた私の風邪もようやく小康状態を脱出したようです。
…が、くしゃみ、鼻水がひどくなってきた…ふらふら

ところで、子供を着替えさせる時、両手を上に挙げさせる時に
「ハイ、万歳してっ!」って言いません?言いますよね?言うと思うんですが…。

みぃみを出産して自宅に戻ってきた時、着替えさせる為に
「はい、みぃみ、バンザーイして!(もちろん言葉などわかるはずもないのですが)」と、
みぃみに対してしゃべっていると、ウチの主人が突如大笑い。わーい(嬉しい顔)
笑ってる主人にビックリしている私にウチの主人が言いました。
「mama!戦争中じゃないんだから!」って。がく〜(落胆した顔)

「バンザイ」って言う言葉はアメリカ人にとって、零戦に乗り込む日本兵が
家族に見送られる時に「バンザーイ!」って両手を挙げてるシーンを連想させるようです。
だから「バンザイ」=「戦争」みたいな。たらーっ(汗)

そーじゃない、という事を説明すると、「へぇ〜!全然知らなかった!」と感心した主人、
以来、みぃみを着替えさせる時、主人も「バンザイ」と言う言葉を使うようになりました。

さて、みぃみの検診の時、先生に診てもらうために服を脱いだみぃみ、
診察が終わって服を着る時にいつものように「ほら、みぃみ、バンザイして。」と言うと、
そばにいた看護婦さんが大笑い。たらーっ(汗)

わざわざ説明するのもなんなので、一緒に笑っておきました。ふらふら

…でも、アメリカ人ってみんな「バンザイ」=「戦争」って思ってるんだろうなぁ…。

posted by ねこmama at 15:37| ロサンゼルス ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

ドライブスルー

いつもは気にしないんですが、我が家には今年新生児がいるので
主人共々インフルエンザの予防接種を受ける事にしました。

私は数週間前に受けた「産後6週間検診」の時に、添加物の入ってない(…という説明を受けました)インフルエンザの予防接種を受けてきました。
*この予防接種だと母乳育児をしていても安全らしいです。


さて、問題なのはウチの主人。
なんでも最近仕事が忙しいらしく、早朝から遅くまで仕事に明け暮れる毎日。
病院に予防接種に行く時間もとれず時間だけが経っていく始末。

DSC04577.JPGが、この週末の事デス。
主人と出かけた買い物の帰り道、運転していたウチの主人がなにかを見つけ「あっ!」といって車をUターンさせたのです。

これ(写真右)が主人の見つけたもの。
「Flu」とは「インフルエンザ」の事。そう、つまりインフルエンザの予防接種を示す看板です。
しかも!「FREE」の文字が!!!

「そんな訳ないじゃん。」と冷たい視線を送る私を横目に
「俺ってラッキー!わーい(嬉しい顔)晴れ」と言いながら看板の示す方向に車を進める主人。

…そしてその先には!

DSC04578.JPGそう、ドライブスルーの、しかも無料の予防接種がちゃんとした大きな病院の敷地で看護婦さん達によって受けられるようになっていたのです!!!がく〜(落胆した顔)

身分証明書を見せる訳でもなく、問診表の様なものを記入するでもなく、
ただ簡単に「薬のアレルギーがあるか」とか「今までにインフルエンザの予防接種を受けた事があるか」などという簡単な口頭質問に答えてから、渡された紙にサインをするとすぐにその場で予防接種。

…車から降りる必要もないのです!

私もLAに移り住んでから結構月日がたちますが、これは初めての経験。

…日本では絶対にこんな事起こらないですよね。がく〜(落胆した顔)


posted by ねこmama at 13:04| ロサンゼルス ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | アメリカの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

朝の海

DSC04015.jpg


ちょっと早起きした週末の朝に、近くの桟橋まで早朝ドライブ。

う〜んっ!気持ちいいッ!グッド(上向き矢印)


posted by ねこmama at 14:18| ロサンゼルス ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

LA脱出!

よくわからない方も中にはいらっしゃると思うのでまずは簡単に説明から。
ロサンゼルス…それは「アメリカ合衆国」という国のの中にある
「カリフォルニア州」という州の中の「ロサンゼルス郡」という郡の名前です。
「ロサンゼルス郡」の中にはあの有名な「ロサンゼルス市」という市もありますが
大抵の場合「LAに住んでる」という人のほとんどが「ロサンゼルス郡」の中の
ナントカ市に住んでいるという事の方が多いようです。

さて、そういう私もロサンゼルス郡の中の某市に今まで住んでいたわけですが、
今回私が日本から戻ってきた直後に主人と二人、LA脱出を決めて、その2週間後に決行しました。

…だってね、…ちょっと想像してみてくださいよ。

長い間空けていた自分の家に久しぶりに帰ってくる…

「猫らは元気かな?何にも変わった事ないかな?」なんて、
ちょっと久しぶりの我が家にワクワクしながらいろんな想像して自宅に向かう…

そして、家の前に着いた瞬間…

「あれ?なんか寂しいな…なんか足りないな…なんか欠けてるな…」

その次の瞬間!

「アタシのレモンの木はドコ?!ラベンダーの鉢植えは?!
植えたばっかりのブルーベリーの苗木は?!」

…またしても盗難です。しかも今度は私がいないのをいい事に大々的にやられた…。爆弾
何年もかかって大株に育て上げたローズマリーもイチゴの苗も
ヤシの木も玄関周りにあった物ほとんどみーんな盗まれた。もうやだ〜(悲しい顔)

どうやら主人が日本に来ていた間にやられたらしい…。
私と主人が日本にいた間、生徒さん達(熊熊ママとその彼女)が家には居たものの、
その効果はゼロだったよう…。バッド(下向き矢印)

さ・ら・に!

がっくりと肩を落とす私の脇をなにやら品のない車が一台…

しばらくしてから二台目も通過…

恐る恐るその人たちを見てみると、そうです、そんなんです。

あの人達が保釈になって戻ってきてたんです!
しかも当時のメンバーがまたしても我が家周辺をウロウロしている様子。

節操のないご近所さんと犯罪者の共存する環境にはもう疲れました。
「引越し」の三文字が頭に浮かんだのは日本を発ってからほんの13時間後の事でした。

あれから数ヵ月後の現在、私達はオレンジ郡という所に住んでいます。
ロサンゼルス郡のすぐ隣にある郡です。

正直…とっても快適です。るんるん
主人の好きな海は車でほんの10分だし、ご近所さんたちはみんな良い人達。
なんと言っても夜中に警察のヘリコプターが上空を旋回しながら誰かを追いかけてる、
なんていう光景を目にしなくなりました。

拳銃を発砲する音もすっかり耳にしなくなりました。

その代わりに、カモメが空を飛んでいます。

家の前の通りから近所の子供達の笑う声が聞こえてきます。
posted by ねこmama at 23:43| ロサンゼルス ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

暗殺計画

以前の記事「選挙」で暗殺についてちょこっと書いたり、例のビール屋さんで知り合った二人のアメリカ人と話した時にもオバマ氏暗殺の話は出たりしたんですが…。

とうとう出ましたよ、大馬鹿者が。

以前オハイオ州のKu Klux Klan (KKK)というネオ・ナチグループについて書きましたが、
今回はテネシー州のスキンヘッドという名前のネオ・ナチグループ。
その内のメンバー二人が銃砲店への強盗を企てたとして逮捕されました。
20歳と18歳、もちろん二人とも白人。

なんでも銃を奪ってオバマ氏を暗殺するつもりだったとか。
それに近くの高校を襲って黒人生徒も殺すつもりだったとか。
そのうちの数人は頭を切り落とす計画だったとか…。がく〜(落胆した顔)

最近すっかり形勢を逆転したオバマ氏、もはや当選ほぼ確実と言われるようになりましたが、
巷では「当選したら暗殺されるかも…」説も強まっていて…。
そんな中でのこの事件。「やっぱり…」と思ってる人も多いのではないかと思います。

1plot102808.jpgさて、これは逮捕された内の一人なんですが、彼の向かって左の二の腕を見てください。
日本で言う所の「お寺のマーク」が刺青してあるでしょ?
これはこちらでは「白人優勢」のマーク。ドイツのヒットラーからきています。
こんな刺青を人様に見えるところに入れて「俺様は白人だ!」とやってる人の気持ちが理解できません。

ニューヨークやロサンゼルスを筆頭にしたいわゆる大都会ではここまで過激な人種差別はほとんどありませんが、オハイオ、テネシー、ミシシッピー辺りの白人優勢の州ではまだまだ肌の色が大事なようです。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by ねこmama at 23:56| ロサンゼルス ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | アメリカの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。