2011年11月02日

景気

DSC05536.jpg

みぃみを引き連れてハロウィンのTric or Treatに今年も行って来ましたけどね、
やっぱり「先の見えない不況」のせいでしょうか?
昨年に比べると地味だった感が拭えませんねぇ…。

ここ数年の間、家のローンが支払いきれずに家を手放す人が後を絶たず、
ここロサンゼルス郡は当然の事、サンディエゴ郊外に住むお義兄さん夫婦の近所でも
随分と空き家と「売り家」の立て札が目立ちました。


子供たちが楽しみにしているハロウィンも例外ではありません。

去年まで、自宅の前に小さなお化け屋敷を作って子供たちに大好評だった家も
今年はキャンディーすら無しだったり、全体的に家の前の飾り付けが減った気がしました。

子供たちがもらうキャンディーも、気持ち減ったような???

ようやくヨチヨチ歩きを卒業したばかりだった去年のみぃみに比べて
今年のみぃみは歩く持久力もついたので、去年の倍くらいの距離を歩いたにもかかわらず
いただいたキャンディーの量は去年と変わらないような気がします。

子供たちに景気の良し悪しが影響してしまうのはなんだかかわいそうな気もしますが、
これも仕方がないですよね。


なにはともあれ、今年のハロウィンも無事に終わり、
次の行事は11月のThanks Giving(感謝祭)、そして12月のクリスマスと残る所二つ。

せめてみぃみと姪っ子甥っ子達には寂しい思いをさせないような祭日にしてあげたいなっ!


そんな私はもうすでに子供たちへのクリスマスプレゼントの準備を進めています。


…ちょっと気が早いかな?わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
タグ:ハロウィン
posted by ねこmama at 13:40| ロサンゼルス 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

テレビ事情

イヤイヤイヤ…某テレビ局が某国に傾倒しすぎてると随分叩かれているようですねぇ。たらーっ(汗)

この件に関しては、日本に住んでる皆さんの方が情報に通じてると思うので
詳細は控えさせていただきますが、正直「イヤイヤイヤ…」と首をかしげるばかりです。


私がこちらに来たときは、こちらの状況を理解しようとする事で精一杯で、
気が付けばすっかり慣れてしまっていて新しい発見の様なモノがもうないのですが、
今回のこの某テレビ局の状況をウチの主人に説明すると…

「そんならいっそのことそれ専門のチャンネルを立ち上げればいいのに。
そうしたらO国のテレビ番組(もしくは関連番組)を見たい人達だけがみられるのに。」との事。

実は、そう言われてから思い出した(?)んです。
こっちのテレビはね、チャンネル数がたっくさんあるんです。(ケーブルTVとかの契約がなくても)

その中には、中国専門チャンネルだったり、インド専門、メキシコ専門、ベトナム専門…等々
いろいろとあって、そのチャンネルを選ぶと朝から晩までその国もしくは地域の番組を流してます。
多分需要と供給のバランスでだと思うんだけど、南米の専門チャンネルは何十とあるし
中国や韓国は数チャンネルずつあるんです。
もちろん日本専門のチャンネルもあるけど…数少なっ!!わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)しかも古っ!!もうやだ〜(悲しい顔)

日本も昔に比べたら随分国際化してきていて、多様民族化しつつあるのだから
ニッポン国民の反感を買うよりは、一つのチャンネルにまとめて
見たい人だけが見られるようにすればいいのに。
変に普通に日本の番組を見ようと思ってる人たちに偏った構成の番組を見せるから
反感を買うわけで。

他国の番組だろうと他国の字幕スーパーだろうと、他国よりの情報捏造が番組内で起ころうと
見たい人にだけ見せればいい。
それで視聴率が取れればスポンサーもつくだろうに…

って、つくとは思ってないから現在の様なことになってしまっているのかも知れませんけどねー。


民法だから多少の自由が利くとは言え、自分らが何人なのかを忘れて欲しくないですね。
日本を離れてから自分が日本人である事に誇りを感じるようになったねこmamaのつぶやきです。
posted by ねこmama at 13:55| ロサンゼルス ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | アメリカの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

アメリカ人

ウチの主人の仕事仲間、今月で3歳になる息子さんがいる人なんですけどね、
ネットでおもちゃの飛行機を注文したそうなんですよ。

注文数「1」にして「カートに入れる」をクリックして、「お支払いへ進む」…
普通に…本当にフツーに注文したそうです。


数日後。自宅に届いた箱の中には…



な、なんと!





20機ものおもちゃの飛行機が!がく〜(落胆した顔)


慌てて注文した先に電話をして返品を申し出ると…




「あー……あげますよ。取って置いて下さい。」ですって。わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

DSC04415.jpg

「いくらなんでも20機もいらないから…たらーっ(汗)」と、翌日、我が家に届いたおもちゃの飛行機。

みぃみが毎日「シューーーーッ!!」と飛ばすフリをして遊んでます。


アメリカって…こんな所デス。たらーっ(汗)
posted by ねこmama at 12:18| ロサンゼルス ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | アメリカの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

嫌な事

昨日の午後、買い物に行ってきました。

DSC03807.jpg

このお店は、日本でいうところの「巨大ホームセンター」から建築用品を除いたような所。
衣料品から日用雑貨、タイヤに園芸用品、店舗によってはガソリンスタンドまで兼ね備えてるお店。



さて、買い物をしていると気が付いたことが一つ。

「今日はなんだか中国人が多いなぁ…」と。



でも、そんな事も気にかけずにのらりくらりと買い物をし、
疲れきった頃にレジに行くと長蛇の列。


その長さに、一瞬買うことを諦めようとも思ったけど、カーとの中は必要な物ばかりだったので
飽きかけてるみぃみをなだめて列に並ぶ事に。


私の番まであと3人となった時、その時会計をしていた中国人の中年男性が
別のレジに並んでいる仲間と思われる男性に向かって「*@$*(#&%&(←中国語)!!!」と
大声で声を掛けると、カゴに大量の品物を詰め込んだ3人の中国人男性がやってきて
商品をレジカウンターに載せ始めた。
まぁ、簡単に言えばあからさまな横入り、ですよ。大の大人が。
その上合計4人の会計は別々ですから。


レジにいた女性は首をすくめて呆れ顔…


私の列にいた他のお客さんも首を振りながらため息…


私は…笑っちゃいましたけど、ね。わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)


そんな事があってもみぃみをなだめ続けながら列に並び続け、ようやく私の番が来た時の事。


…レジの女性が明らかに嫌な顔をしたのですよ。
他のお客さんには普通に接してたんですよ?!
「Hello!」も、こちらでは決まり文句の「How are you doing today?」も無し。
品物は袋に投げ込まれて…



中国人…って思われちゃってますよ…。



先に並んでた4人の仲間だ、って思われちゃってますよ…。



こちらに住んでいて「日本に帰りたいなぁ…」って思うのは、こういう待遇をされた時。

ぶつけ所のない怒りに「もう嫌だぁー!」って本気で思う。

かと言って、「私は中国人じゃないですから。」って言うのもおかしいし。

唯一出来る事と言えば、心の中の怒りを隠し通して思いっきり愛想を良くする事。
「私はあの人達とは違うのよ」とアピールすること位。


悶々とした気分のまま買い物を終えて駐車場に行くと…

DSC03805.jpg

…観光バスですよ。

どうやらお店の中にいた大量の中国人たちは、このバスに乗って観光旅行中らしい。

ちなみに、このお店はかなりの大手なのでアメリカ中に店舗があり、
北アメリカのみならず、世界中に事業を広げているお店。
つまり、この中国人たちがアメリカの別の州からの観光客とは思えない。

と、言う事は、中国からの旅行客???


日本にも中国からの旅行客が大量に流れ込んでいるって話を聞いたことがありますが、
アメリカでも同じ現象が起こってるんですかねぇ。

いずれにしても、どんな状況にしても、どんな事情があるにしても!

あの人たちと同等扱いされる事だけは本当に勘弁!!って思います。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by ねこmama at 04:30| ロサンゼルス ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | アメリカの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

医療費と健康保険

皆さんも噂では聞いたことがあると思いますが、アメリカでの医療費は半端なく!高いです。


9/11の事件の直後、歯の詰め物が取れてしまったことがありました。
当時貧乏学生だった私は電話帳で調べた歯医者さんに電話し、
「取れた物、その物をもう一度詰めてもらうだけでいくらかかりますか?」と聞いて回ったところ、
どこの歯医者さんでも「5万円以上」という返事。
もちろん新しく詰めなおす場合はもっとかかるというわけで。たらーっ(汗)

そこで、日本に居た時に通っていた歯医者さんに電話して
「健康保険なし(100%実費)で直したらいくらかかりますか?」と訪ねたところ、
「新しく作り直しても1万円位」との事。
9/11の直後で、日本までの往復の飛行機代が2万円ちょっとだったので
日本まで飛んで帰って直してきたのは言うまでもありません。


…本当にね、高いんですよっ!?


以前記事にした帯状疱疹の時も、主人の仕事の関係で保険の切り替えの最中だったので
たまたま健康保険がなく無保険で受診した為、請求書は30万円以上。たらーっ(汗)


どう思います??


こんな高い医療費では健康保険ナシではやっていけません。


が、



この健康保険も曲者なのです。


日本だと健康保険料は収入に応じて…という風になっていたと思うのですが、
こちらでは日本の生命保険と似たようなシステム。


-保険料は個人の収入は考慮されず、若い方が安く、歳を取ると高くなる。

-個人で入るより団体で加入した方が安い。

-持病がある場合は加入を断られる場合が多い。…などなど。


これがね、民間の保険会社が提供している健康保険の実態なのです。

主人が自営で仕事をしていた時は、当たり前ですが団体割引が一切効かなかったので
比較的安い保険に加入して主人と私の二人で月5万円。
そしてみぃみが生まれる事になり、改めて保険会社に料金を訪ねた所
親子三人で月9万円だって!!がく〜(落胆した顔)

幸いにもみぃみが生まれてすぐに主人が転職。
しかも比較的従業員の多い会社だったので団体での割引率が高く、
現在では親子三人で月1万2千円程度で済むようになり、ホッとしています。
って言ってもここで話してる保険料には歯の治療費は一切含まれてないですから。
歯の保険は別物なのです。


こちらでの医療費&健康保険料の話をすれば言いたい事は山ほど…それも富士山ほど
…いえ、エベレストほどあるのですが、その話はいずれ…という事で。


でも、最後に一つだけ言わせて。

こっちでは動物病院でかかる費用も日本の倍以上なんだよぉーーー!もうやだ〜(悲しい顔)
posted by ねこmama at 12:56| ロサンゼルス ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | アメリカの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

気の利いた駐車場

まだ妊婦だった時、近所のベビーOラスに買い物に行くと、
お店の入り口の一番近い所に障害者用の駐車場、そして妊婦さん専用の駐車場があったので
とっても助かりました。
なにしろ数歩歩いただけでも「ふーっふーっ」って息を切らしていた状態だったので。たらーっ(汗)


さて、最近また「助かる」駐車場を見つけました。

DSC07494.jpg

子供連れの人専用の駐車場。

とあるスーパーの駐車場なのですが、これもまたお店の入り口のすぐ近く、
障害者用の駐車スペースのすぐ脇にあるのです。

以前は全く気にならなかったのですが、みぃみが歩くようになってからは
みぃみを車から降ろした後、駐車場内の車道を歩くのが結構辛かったのです。


みぃみを歩かせるには危ないし…

抱えていくには「巨大児」みぃみは重ったいし…


この駐車場があると車道を歩かなくて済むので、車から降りてすぐみぃみも歩けるし
荷物が多くなってもみぃみを歩かせれば車まで楽に戻れます。


でも最近同じスーパーに「ハイブリッド車で来た人専用」の駐車場が出来ました。
「子供連れで来た人専用」のすぐ隣にあります。


…エコロジーに貢献してるから?

その必要性があるかどうかはともかくとして、なかなか気の利いた駐車場だなぁ、と思いました。
posted by ねこmama at 15:28| ロサンゼルス ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

通じない言葉

日本語ってかなり多様化していて、普通の会話の中でも結構英単語、使いますよね。

私がこっちに来たばかりの時は英語が全然ダメで、実力テストの結果
ABCのクラスから始めさせられたくらいです。(←情けないもうやだ〜(悲しい顔)
でも日本で使っていたカタカナ英語にかなり救われました。

なにしろ他の国から来ていた人達は外来語を母国語の中で使わないようで、
例えば日本語では当たり前の「テーブル」とか「キッチン」とかって言う単語でも
辞書を引かないとわからない位の人達ばかりだったのです。

そんな私が今こちらで生活できているのは偏にウチの主人のお陰でしょう。
主人から「英語」を教わった覚えはありませんが、「英会話(主に英語で喧嘩)」で
英語で会話する事を教わったように思います。たらーっ(汗)

さて、そんな主人と一緒に日本のテレビを見ていると、不思議な質問をされる事があります。

例えば…

「NGってなに?」とか。

そう聞かれて始めて気が付くのですよね。「あぁ、それって日本語なんだぁ…」って。
「No GoodとかNot Goodとかの略だよ。」と答えると「へぇーーーーー!」と感心されます。


他にも「ドンマイってなに?」という質問も。

…そう改めて聞かれてみれば、こっちの人が「ドンマイ!」なんて言ってるのを聞いたことが無い。
中学の時に「ドンマイはDon't mind(気にしない)っていう英語」って教わったのになぁ…。


「OB/OG」っていうのも聞かれました。

「Old boy、Old girlの頭文字を取ってOB/OGって言うんだよ。引退した人達の事。」と教えると
「Old BoyはともかくOld Girlなんて女性に対して失礼な言い方だなぁ…」ですって。


更には「TPOってなに?」っていう質問も。

中学の時の教科書にはTime(時間)Place(場所)Occasion(場合)の略と書いてあったと伝えると
「へぇ〜〜〜!聞いたことないなぁ…」って。


他にも日本では普通に「外来語」として使っていてもこちらでは
通じない言葉はいろいろあるんだけど…


もしかしたらウチの主人が知らないだけなのかなぁ…

それとも日本の学校で教わっていた英語がイギリス英語だったのかなぁ…。
だとしたらイギリスでは通じるんだろうか…。

こちらに来てからかれこれ10年以上経ちますが、
英語に関するモヤモヤした疑問は未だにいろいろとあるのです。たらーっ(汗)
タグ:英語の話
posted by ねこmama at 04:31| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

短かった夏

こちらの夏は日本に比べればとっても過ごしやすく、
気温が上がっても日陰に入れば涼しいのでエアコン要らずで過ごせます。

とは言っても8月の終わりから9月の頭にかけて残暑に襲われるのですが、
この間に数日間だけエアコンをかけることがありますが、
それ以外はカラッ晴れと爽やかに過ごせます。


さて今年の夏ですが、涼しかったですねー。


でも8月の下旬にかかった頃からようやく「夏!リゾート」って感じになってきました。
そして、ふと気が付くと今年はまだスイカを食べていなかった。

「やっぱり夏はスイカだねー!」と中玉のスイカを買ってきて冷蔵庫にいれる。


切るのを忘れて数日が経ち



気が付けば…





もう涼しい。

夜なんかくつ下と上着が欲しくなるくらい。


スイカ…切る前に涼しくなっちゃった。ふらふら

もう「スイカ食べたい!」って気分じゃないなぁ…。たらーっ(汗)
posted by ねこmama at 14:56| ロサンゼルス ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | アメリカの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

第二号と第三号

くすり第一号はクダリバラさんを止める事は出来ましたが、
おなかの痛みとおなかのグルグル感には効きませんでした。

そこで再度病院へ行き、「これは普通じゃない!」と訴えた所、
市販の薬第二号を勧められ「どーしても…って言うんなら検便するけど?!」と
高飛車な態度をとられたので「これ以上話しても無駄…」と諦め、
薬局にくすり第二号を買いに行きました。


これがね、チューアブル(水なしで噛んで飲めるってやつ)なんですよ。
前から思ってたんですけど(日本で売ってる薬の事はわかりませんが)
チューアブルってチューアブルである必要があるのかしら???

こっちだとビタミン剤だとか胃薬だとかチューアブルになってる薬って多いんですよね。
でも、食べてみれば結局薬の味がする。
最後の最後で口の中に残ったツブツブがすごい苦かったり。
…そんなら最初から錠剤にしてくれれば水で流し込めるのにっていつも思う。

で、このくすり第二号、効いたんだか効かなかったんだか…。もうやだ〜(悲しい顔)
おなかの痛みに効くはずの薬だったんだけど、私のおなかはゴロゴロ雷グルグルどんっ(衝撃)

で!!私は考えた。


医者にいっても市販の薬を勧められるんだったら(その度に診察料2000円取られて…)
最初っから薬局に行って薬剤師さんに相談した方がお利巧さんなんじゃないかしらって。


でも、市販の薬はもう2種類試したし…。



そ・こ・で!!!








DSC07923.jpg

ジャジャーン!市販の薬第三号ですっ!

見つけたぁー!手(チョキ)
一昨日、車を40分走らせて大手日系スーパーまで捜しに行ってきました。



いやぁ、何の事はない、これを二回飲んだらすっかり直っちゃいました。


普段おなかを壊す事なんて本当にないので我が家の常備薬には入ってなかったんですよねぇ。
でもこれからは我が家の常備薬の仲間入りです。ぴかぴか(新しい)
posted by ねこmama at 14:30| ロサンゼルス ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | アメリカの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

くすり

DSC07842.jpgさて、これが病院の先生に言われて買った市販の薬第一号。
(現在第二号を服用中。)

胸やけ
消化不良
胃痛
吐き気
下痢

…に効くらしい。

飲み方は症状にあわせて30分おき、大人なら付属のカップに一杯飲む(液体の薬です)でも24時間以内に8回以上服用しない、との事。

さて、唐突ですが…
今でも胃のレントゲンを撮る前にバリウムって飲まされるんですかね?
あの糊の様な…ドローンとしてて、喉に流し込もうにも飲み込めない、みたいなやつ。

このくすりが正にあのバリウムのドロドロ感を彷彿とさせる喉越し(?)でして。たらーっ(汗)

でも味は粉末の胃薬風。

そしてこのボトル、「あらぁ、ピンク色でかわいい〜!」なんて思ってませんよねぇ?

なにしろこのピンク色は…




ボトルの色じゃなくて薬の色ですから。わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

DSC07850.jpgボトル自体は透明なのです。

大体このショッキングピンク、どう考えても口に入れるものの色じゃない!と思うのは私だけ???
それに例のあの主人の好物のドーナツとおなかの薬が同じ色ってどういう事???←ウチの主人的にはOKなのでしょうケド…。

現在服用中のくすり第二号、これにもたくさんたっくさん言いたい事があるのですが、それはまた今度ということで。

なにしろ今は次の腹痛の波に襲われる前にログアウトしておかないといけないもので…。わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
posted by ねこmama at 05:45| ロサンゼルス ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | アメリカの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。