2008年05月31日

海がめ

アイランド人にとって海がめは神様。…なんだそうです。

主人の話によると、今から10数年前のこと、ある島の王様が亡くなった時に、
伝統に従って棺をイカダに乗せて海に流したんだそうです。
すると、どこからともなく海がめ達がそのイカダに寄ってきて、
集まってきたサメから、まるで王様を守るようにイカダと共に沖に泳いで行ったとか。

そ・こ・で!

海がめシリーズなるものを作る事にしました。

DSC00028.jpg

海がめが泳いでる感じ、伝わるかしら??
DSC00033.jpg
近くで見るとこんな感じ。
まだ素焼き前です。

このカメはハワイスタイルのデザイン、Honu(ホヌ)と呼ばれているもの。
他にもMaoriスタイル、サモアスタイルも現在製作中です。手(チョキ)

…なんだか最近、私の作陶スタイルが違う方向に流れていっています。たらーっ(汗)


蛇足になりますが…

日本列島の太平洋岸は大切な海がめの産卵地だってご存知ですか?

何でも海流に乗ってたどり着く所が日本の太平洋岸だとか。

以前九十九里沖にたどり着いた大きな海がめを地元の人達が
警察官と一緒に保護しているのを見た事があります。
…産卵の為だったんでしょうか。

日本の海、彼らの為にももっと綺麗にしておいてあげたいですね。
posted by ねこmama at 05:40| ロサンゼルス ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 陶芸あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ねこmamaさん凄〜い!!
いっぱい作陶されているんですね♪
このカメは、よく日本でも見かけるようになりました。
フラダンスが流行っているからでしょうね。
このカップに施されているカメって1個ずつ張り付けたんですか?
私、同じ大きさで作るの苦手なんです(笑)
ロクロは、殆どやってないから仕方ないけど同じ物を何個も作れるように私もならなくちゃ!
Posted by ake at 2008年06月02日 11:38
本当だ、泳いでますね!!
沢山ありますが、販売もしているんですか?

陶芸やってみたいなぁ・・・ねこmamaさんは教室開く予定はないんですか?
Posted by lily-cat at 2008年06月03日 06:06
>akeさん
フラダンスが流行ってるんですか?!ちょっとビックリ!
えぇ、カメは一つずつ貼り付けます。←これが一番大変。^^;
横着する方法とかいろいろ試してみたんですが、これが一番きれいに仕上がります。

>lily-catさん
ホント?よかった、ちゃんと泳いでるように見えて。
えぇ、一応販売もしています。細々と…ですが。^^;

陶芸教室、開きたいですねぇ…。って言うか、開く方向では考えています。
でも、いつになる事やら…^^;
まずは場所を確保しないと…。これが一番の難関です。
Posted by ねこmama at 2008年06月03日 06:35
ご無沙汰してまーす。
ねこmamaさんは知ってましたか?
このワタクシ、実は「海ガメ好き」だったってことを。
以前ハワイに行った時は、どうしても海ガメに会いたくて会いたくてダイビングをしました。
でも、結局会えなかった。
帰国の日に なにげなく海を見ていたら、何かプカプカ浮いている(!)
遠かったけど、大きい海ガメにひと目会えて感動したのを思い出しました。
そういえば以前、房総の守谷海岸に海ガメが打ち揚げられていたな。
つい先日お酒の場で「どこかの島人はカメも貴重な栄養源として食べるんだよ」とある人から聞いて熱く語り合ったばかり。
スッポンは食べても、カメだけはイタダケマセンッ!と…。
あれ…なんかズレてます?
(ちなみにスッポンのお刺身は意外に美味しいです!)
Posted by tiniママ at 2008年06月05日 00:18
>tiniママさん
へー!へー!へー!全然知らなかった。海がめ好きとは…。
私はカウアイ島に行った時、でーっかい海がめ見ましたよん。♪
この海がめシリーズで焼酎グラスなんてのも考えてるんですがどんなもんでしょか?

ところで…スッポン…食べるってウチの主人に言わないでくださいね。
マジで許せないみたいです…。^^;
Posted by ねこmama at 2008年06月05日 05:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98637408
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。