2008年04月12日

カップ&ソーサー豆知識

DSC05059.jpg主人の春休みはとうとう3週間目に突入です。たらーっ(汗)
…正直言って、いつまでも付き合っていられないので私は私の生活に戻ることにしました。グッド(上向き矢印)
ので、過去二週間の間に行ったところをボチボチ記事にしていきたいと思います。

さて、この写真たちは私たちが最近訪れたGetty美術館で撮影したものです。
(この美術館について語ると長くなるので詳しい説明は端折りますが、アメリカ西海岸で最も有名な美術館の一つと思ってください。)
DSC05058.jpgこれらは見ての通りヨーロッパの古いカップ&ソーサーです。
ところで、何かおかしいなぁ…と思う事はありませんか?

……(考える時間)……(考える時間)……

どうです?気が付きましたか?

そう、お皿の部分が異常に深いのです。
これ以外にも数点のカップ&ソーサーが置いてありましたが、どれもお皿が深いのです。
DSC05057.jpg ← これは右斜め上の写真のカップ&ソーサーの解説。
読んでみると…
「…(略)…このタイプのカップは通常お茶を飲むことに利用されていた。カップにお茶を注いだ後、それを冷ます目的でカップからソーサーに移され、人々はソーサーからお茶を飲んでいた。…(略)…)」
どう?「へー…なるほどぉー…」な話でしょ?わーい(嬉しい顔)
タグ:Getty Museum
posted by ねこmama at 02:13| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93059183
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。