2007年12月19日

ボブ・マーリー

ボブ・マーリー…と言えばやっぱりレゲエの神様。
レゲエに興味のない人でもこの曲はどこかで聞いたことがあるでしょう?!



そう、あの有名なNo Woman, No Cryです。

さて、レゲエに興味のない人はあんまり知らないかもしれませんが、
ボブ・マーリーは36歳の若さで亡くなったにもかかわらず、
13人の子供たちがいました。
本妻のリタとの間に出来た子供は3人でしたが、
リタの連れ子を2人養子に取り、残りの8人は…愛人との子?…だと思います。たらーっ(汗)

まぁ、それはともかく、この子供たちも現在音楽活動をしているのです。
今日はその子供たちの音楽をご紹介しましょう。



デビッド”ジギー”マーリー、通称ジギー・マーリーは本妻リタとの間に出来た長男。
ボブ・マーリーの子供たちで作ったバンド、メロディー・メーカーを
引き連れての活動に始まり、もちろんソロでも活躍中。

そしてお次は…



ステファン・マーリーはジギーのすぐ下の弟。
…余談になりますが…ステファンには同い年で腹違いの弟が二人いるのですが、
そのうちの一人、ローハン・アンソニー・マーリーはフットボール選手として活躍。
後にローレン・ヒルと出会い一緒になります。
そのずーっと前、まだボブ・マーリーが存命の頃、ローレン・ヒルとボブ・マーリーは一緒に歌っていたこともあるのです。



…運命なんでしょうかね?
ボブ・マーリーが亡くなって10年以上も経ってからその息子がその彼女と運命の出会いムードなんて。

さて、一番下の息子、ダミアン・マーリーのソロアルバムがリリースされたのは
つい数年前のこと。
そのときに話題を呼んだのがこの曲。



他の兄弟姉妹ともお父さんとも違う音楽のスタイルということで
かなり話題に上がりました。ラジオでもよくかかってた(る)し、ネ。
ちなみに、彼はダミアン”ゴング”マーリーという名前を使っていますが、
「ゴング」は彼のお父さんボブ・マーリーのニックネームタフ・ゴングから取ったようです。

ところで、気になるのがもう一人。



ダミアン・マーリーの二つ年上の腹違いのお兄さん、カイマニ・マーリー。
今までにも音楽活動はしていたのですが、今年リリースされた「Radio」というアルバムがなかなか良いのです。
レゲエ路線から離れ、どちらかというとR&B、Hip-Hop系のこのアルバムはなかなかパンチがある。
で、この曲がそのアルバムの中で唯一のレゲエなのです。歌詞の内容も濃くって…。
これから注目!ぴかぴか(新しい)と言う所でしょうか。

さて、ボブ・マーリーファミリーの音楽はいかがでしたか?
posted by ねこmama at 09:30| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73565867
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。