2007年08月24日

謙虚

F1さんの記事を読んで…

日本を離れて私も随分になります。
日本の中にいると見えなかったことが見えてきて、
ありがたく思う事、「ナンデ?!」と思う事、いろいろある中で、
F1さんの記事を読んでまた新たに気づかされた事があったのでちょっと一言…。

以前の記事「求人」のところで日本人の謙虚さについて書きましたが、一体「謙虚さ」って何なんでしょう?

それはね…(ここから私の独断と偏見が入りますふらふら
「謙虚」でいる事がすばらしい!という社会では大切な事だけど、そうでない社会では意味のない事なんですよ。

例えば「ずうずうしい人」に「謙虚な態度」で対応してたら相手のペースに飲み込まれていくだけなんですよ。

F1さんの記事の話しをすれば、もしかしたら日本の政治家は諸外国に対してそのような事で文書で抗議をしているかもしれないけど、公の場、つまり世界がおそらく見ているだろうと思われる場所ではそういう発言をしないのはやっぱり何か違うと思う。

言い方を変えると…つまり…日本は「謙虚」に諸外国に抗議文を送ってるけど、「いざ世界にメッセージを送れる時」という時になると閉口してる。…と、私にはとれる。
そんな謙虚さ、「謙虚である事が美しい事と信じない国」の皆様に分かってもらえると思ったら大間違いなんじゃないだろうか?

少し前の話しになりますが、韓国人女性(自称従軍慰安婦)がこちらの報道番組に出てきて、
日本兵にどれだけひどい目に合わされたか、どんな思いをしたか、
現在の心の傷はどうか…などについて涙ながらに訴えました。
そして、「日本は未だに私に謝罪してきてない!」と。

ここは自由の国アメリカ、もちろん言論の自由も守られてるわけです。

が、日本人がテレビに出てきてこんな訴えを起こした事は今まで見た事がない。
…少なくとも、私がこちらに来てから私の目に映った事はない。

日本の事がこちらのニュースで話題になる時は(って言ってもほんの10秒くらいもしくは未満)、
地震、その他大きな自然災害が起きた時、飛行機が墜落した時…くらいでしょうか?
広島の平和宣言に於いては「今日広島でこんな式典がありました」くらいの一節をアナウンサーが5秒くらいかけて読むだけで、映像だって音なし。
某国がミサイルを飛ばした時だってアメリカの報道は同じ。

別に外国に対して「喧嘩を売れ!」って言ってる訳でも、
ましてや「やんや、やんやとわめけ!」と言ってる訳でもないけど、
謙虚な態度で通用しなかったら強固に行かないと誰も耳を傾けてくれたりしないんじゃないかなぁ…。

「訴えかけないと聞かない」人たちには訴えかけないといけないんじゃないかなぁ…。

ちょっとF1さんの記事の本筋から離れてしまったかな?

posted by ねこmama at 01:14| ロサンゼルス ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | mamaの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全く持ってその通りです。

自分の所に「抗議してるんだよねー」ってコメントを通りすがりの人に頂きましたが、
注目される公式の行事で言うことが大事であると思うんです。

そしてそれがきちんと伝わっていないのであれば、伝わるように努力する。
こういう事に我々の税金を使って欲しいモンです。

さすがに中国・韓国なんかはヒステリックにやりすぎですけどねぇ・・・。
Posted by F1-63XSDTI at 2007年08月27日 16:55
記事中の韓国人女性、こっちの政府に申し入れをした結果、
アメリカは日本に抗議文を提出したらしいんですよね。
それに対しての日本の対応は…まあ、例のごとくですけど。(苦笑)

そういうことがキチンと公に公開されるっていうのはいい事だと思う。
「抗議文は送ってるんですけどねぇ…」みたいな対応じゃなくて。

「やんや、やんや!」と攻撃する国は、
国民性がそういうんなんでしょう…。(苦笑)
Posted by ねこmama at 2007年08月28日 01:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。