2005年07月16日

同性愛

先日、私が庭にいると、我が家に下宿中の台湾人の女の子(22歳)が私のところにやってきました。

「ねぇ?もしmamaたちに子供がいて、その子供が『自分はゲイだ』って告白したらどうする?」と訊ねられました。

「そうだねぇ…難しい問題だねぇ…。私の気持ち的には普通の生活を普通に歩んで行って欲しいし、同性愛者の道は険しいから(社会的に)そうはなって欲しくないけど、本人が望むなら仕方ないよね。理解できるように努力するかな。…でも、なんでそんな質問なの?」と聞くと、

「ううん、ただなんとなく。台湾とか中国ではまだまだ理解されてないことだから…」と、なんとなく濁されました。

数日後、主人が私のところにやってきて、
「ねぇ、俺たちの子供がゲイになっちゃったらどうする?」と、聞いてきました。
これはおかしい…と思い,主人に聞いてみると、どうやら台湾人の娘、ウチの主人にも同じ質問をしたらしいのです。

更に数週間後のこと。我が家のもう一人の下宿人の中国人の女の子が私たちのところにやってきて、
「ねぇ、知ってた?あの娘(台湾人)レズなんだよ?!」と。
よくよく話を聞いてみると本人が告白したらしい。

その夜、ベッドの中で彼女(台湾人)が我が家に来た初日のことを思い返してみた。
台湾から母親と叔母に付き添われ、やってきた彼女。
母親の後ろでふてくされたようにしていたその姿。
私たちの説明を叔母の通訳で一生懸命聞いてた母親の後ろでちょっと捨て鉢にも見えた彼女。

…きっと,台湾でいろいろなことがあったのでしょう…。

皆さんはどうしますか?もし自分の子供がゲイだったら?
posted by ねこmama at 00:00| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の生徒たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45660650
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。