2007年06月15日

カウアイ島−おまけ

DSC012511.jpg旅行から帰って来てもうずいぶん経ちますが、
ダメですねぇ…

このブログで語ってるせいもあるかもしれませんが、
まだ後を引いてます。たらーっ(汗)
↑「いい意味」でなんで良いんですが。

この事を「夢心地」というのかな、と思います。ふらふら

もういい加減に夢から覚めて
現実の世界に戻らないといけないんで、
ここで語るのは今日で最後…に…なると思う…
イヤ…そうしなければ…たらーっ(汗)

実際の所美容院に行って帰ってきた時点で
目は覚めたんですけどね。もうやだ〜(悲しい顔)

DSC01050.jpg



ところで、カウアイ島はニワトリの宝庫でした。
他の島、オアフ島とかマウイ島とかもそうなのかしら?

どこに言っても「のら」ニワトリがちょこちょこ歩いているのです。

DSC011081.jpgこれには感動しました。

…だってね、ニワトリが道を歩いてると車がスピードを落とすんですよ。

更に感動したのは植物達。

DSC010601.jpgバナナはハワイ村だけじゃなくて
どこにでも、そりゃあ街路樹のように生えてるしなってるし、
マンゴーも藪の中で豊作になってるし。

…一番感動したのはワイメアキャニオンに行った時。

だってね、だってね、

ワラビやぜんまいがニョキニョキと!!

日本を離れてから初めて見ましたモン!

「これはハワイに引っ越さないと!」と真剣に思いましたよ。
…今でも思ってるけど…たらーっ(汗)
ウチの主人は「日本に引っ越したい」って言ってますが…

DSC01046112.jpg見たことのない植物もたくさん発見しました。

これ(写真左)は
ポイプビーチ
の近くにあった公園で発見した実。

形は柿の様で、でも木の実のように皮は硬くって。
大きさは…直径約4cm位…プラムくらいの大きさ。
形が「柿」っていう所がかわいいっ!

DSC0116211.jpg島に到着した時から
「椰子の実取ってmamaにココナッツジュース飲ませてあげるわーい(嬉しい顔)」と言い続けた主人が取ってくれたのは…

長さ5cmくらいの小さな赤ちゃんココナッツ。
(もちろん飲めないふらふら

「取ってるところ人に見られたら…」なんて言って
結局落ちてる実を拾ってくれた…

そんなこと全然気にしない人だと思ってたからちょっと意外。

DSC01325.jpgウチの主人は夜な夜なスーパーへ出かけてました。
アイスクリーム黒ハートなんです…

日本にいる間も夜な夜な一人で某コンビニの
期間限定抹茶ソフトクリームをほぼ毎晩買いに行ってたし…。たらーっ(汗)

で、発見したのがハーゲンダッツから発売されてる
ストロベリーチーズケーキLehuaハニーがけ、なるもの。

多分ハワイ限定発売なんだと思うんだけど、これが超ウマぴかぴか(新しい)
(甘いけど…。私も主人も甘党なんで。)

でもさすがにアイスクリームはお土産には買っていけない…
と、がっかりした所へLehuaハニーをスーパーで発見。
早速Getしてきました。

このはちみつ、すごーい香りが良くってしかも濃厚。
紅茶に入れたら…なんて思いながら珈琲党の私は未だに試してません。
って言うか、もったいなくて開けられない……ただの貧乏性です。ふらふら

さあってと。現実、現実。

ポリハレ州立公園で見つけた看板に引き続き、看板ネタ第二談です。

ワイメアキャニオンを上る途中にある展望台にあったものです。
かなり標高の高い所にあったその展望台から海のほうをみると
そんなに遠くない所に小さな島がポカ〜ンと浮いていて、
この看板はその小さな島の説明書きです。

DSC011531.jpg

ニハウ島


「昨日の島」
ニハウ島はカウアイ島から27.2km離れた南東にあり、
長さ約28.8km、幅8km、面積はおよそ230.4km2の島です。
島の両側は低くなっており、ちょうどテーブルのような形をしています。
標高は一番高い所で384.3m。島のの右側にレフア島があります。

ニハウ島は半砂漠地帯で湧き水はなく、雨量も少量です。
主な産業は羊、牛の牧畜そして養蜂業となっております。
美しい貝殻を産出する事でもニハウ島は知られております。

ニハウ島は政治的にはカウアイ島に属しておりますが、
ロビンソン家に所有されており、観光客が訪れる事は
出来なくなっております。
多くのハワイ原住民が生活しており、200人以上の人々
(現在島に残されている居留民の中で一番大きいとされている)
がハワイ語を生まれたときから使っています。


…という内容。

なんか、そんな島があるなんて素敵だと思いませんか?
ハワイの文化を守る為に島を買い上げたロビンソン家もすごいけど、
そんな、本来の姿、あるべき姿、文明に惑わされていない世界が
ひたすら守られているなんて、すごいと思いませんか?

「頭固い」って思われちゃうかもしれないけど…

日本に帰って、外国製品を店頭で見るたび、
テレビを見てカタカナ英語を聞くたび、
「ニッポンは一体どこへ?」と思ってしまうのです。

…大和魂は何処へ…と。
posted by ねこmama at 05:36| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | カウアイ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44887591
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。