2007年06月01日

Day2 マニニホロ洞窟(Maniniholo Dry Cave)

Day2の最初のお話はこちらから。


さて、いきなり出足好調の私達のカウアイ島旅行、
陶芸のお店の人に聞いた情報を頼りに、象形文字を肉眼で見てみよう!と出発。
カパア地区から56号線をひたすら北へ向かうことに。
(地図は前の記事を参照の事)

DSC01023.jpgハワイというと「青い海」ばかりを想像するかもしれませんが、
気候の温暖なハワイ諸島では一年中食物の栽培が盛んだそうで、
もちろん田園風景もあったりするわけです。
写真はハナレイ展望所(Hanalei Scenic Lookout)から。…だったと思う。ふらふら

私達が行った時期にはタロと呼ばれる芋(サトイモ?もしくはサトイモの仲間?)が青々と茂ってました。

「とにかく一本まっすぐに続く道56号線を行けば洞窟が見えてくるわよ。」とお店の人に言われたとおりにひたすら進む。
…が、途中目に入る青い海についつい車を止めて…

パチリッ!カメラ

DSC010431.jpg
ワイニハビーチ(Wainiha Beach)...だと思う...ふらふら

実際にはそんなに時間のかかる距離じゃあないのに、
寄り道が多くて、結局現地に着くまで結構時間がかかった…ふらふら

そして、プリンスビル(Princeville)通過してしばらくすると…


洞窟に到着ぅ〜!揺れるハート

DSC01032.jpg

…中央に立ってるのはウチの主人です。
体重100kg以上の巨漢ですが、こうしてみると小人です。
洞窟の大きさがお分かりいただけるでしょうか。

さて、実際に洞窟に入って肝心の象形文字探し…

………たらーっ(汗)

と、言いたい所ですが、入ってみると中はとっても広く、
しかも大量の蚊に攻撃され、根性なしの私と主人は早々に退散。もうやだ〜(悲しい顔)
ので、インターネットで見つけた実物の象形文字をご覧ください。もうやだ〜(悲しい顔)

ところでこの洞窟、マニニホロ洞窟と言うらしいです。

次のお話しはこちらから

posted by ねこmama at 05:29| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | カウアイ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。