2011年08月08日

近郷情怯

台湾からお客様が来ていました。


何を隠そう、熊熊(ションション)ママとその彼女が遊びに来てくれたのです。


…嬉しいですね。我が家を巣立ってから約3年。
すっかり立派な社会人になって日々仕事に追われながらも
私達のことを忘れずにいてくれて、わざわざ会いに来てくれたのです。


心持ち体格のよくなった熊熊ママと、すっかり大人の女性になったその彼女。

「どっか行きたい所ある?」と聞くと、「皆で一緒に時間が過ごせればなんでもいいよっ!」と
言うので…

DSC05089.jpg

皆で公園に遊びに行ってきました。

みぃみはすぐに二人に慣れて駆け寄っていくわ、二人の名前を叫ぶわ。
夜になっても、熊熊ママ達がリビングにいるのがわかっているので寝たくない様子。

「明日、熊熊ママと彼女とまた遊びに行くから、今日はいーーーっぱいねんねして
また明日いーーーーっぱいあそぼっ?!」と言うと、ようやく納得したらしく二階の寝室へ。



積もる話をたーっくさんして、みぃみともたーっくさん遊んでもらって、
昔みたいにバカな話をたーっくさんして…
あれから3年近くも経ったなんて信じられない位、この二人がここにいるのが普通に感じて
なんだか不思議な気分。

中国語で「近郷情怯」という言葉があるそうです。
長らく離れていた故郷に帰る時に「みんな、覚えていてくれてるかしら?」とか
「変っちゃってないかしら?」ってドキドキそわそわするっていう意味らしいです。

「こっちに来るって決めた時、『mama達は私達のこと受け入れてくれるかしら?』とか
『喜んでくれるかしら?』とか、メッチャ緊張したぁ〜!でも、来て良かった。
何にも変わってなくて、まるでまだここに住んでる気分だよ。
休暇で台湾に行ってたみたいな気分。」だって。


でも、やっぱりお別れの時間は来るんですよねぇ…。

二人が帰るときに思わず出た言葉。
「また……寂しくなるよ……」と言うと、みんなでまたウルウルしちゃって。もうやだ〜(悲しい顔)


「また来るねー!手(パー)

「今度みぃみ連れて台湾行くからねー!手(パー)

お互いにそんな約束をして別れました。

正直、ホームステイファミリーをやっていた時は結構きっつい事もあったりしたけど、
こうやってわざわざ会いに来てくれる子達もいたりすると、
私達がやっていた事は無駄じゃなかったんだな、やって良かったな、って思いますかわいい
posted by ねこmama at 14:26| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の生徒たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/219081630
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。