2011年08月03日

テレビ事情

イヤイヤイヤ…某テレビ局が某国に傾倒しすぎてると随分叩かれているようですねぇ。たらーっ(汗)

この件に関しては、日本に住んでる皆さんの方が情報に通じてると思うので
詳細は控えさせていただきますが、正直「イヤイヤイヤ…」と首をかしげるばかりです。


私がこちらに来たときは、こちらの状況を理解しようとする事で精一杯で、
気が付けばすっかり慣れてしまっていて新しい発見の様なモノがもうないのですが、
今回のこの某テレビ局の状況をウチの主人に説明すると…

「そんならいっそのことそれ専門のチャンネルを立ち上げればいいのに。
そうしたらO国のテレビ番組(もしくは関連番組)を見たい人達だけがみられるのに。」との事。

実は、そう言われてから思い出した(?)んです。
こっちのテレビはね、チャンネル数がたっくさんあるんです。(ケーブルTVとかの契約がなくても)

その中には、中国専門チャンネルだったり、インド専門、メキシコ専門、ベトナム専門…等々
いろいろとあって、そのチャンネルを選ぶと朝から晩までその国もしくは地域の番組を流してます。
多分需要と供給のバランスでだと思うんだけど、南米の専門チャンネルは何十とあるし
中国や韓国は数チャンネルずつあるんです。
もちろん日本専門のチャンネルもあるけど…数少なっ!!わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)しかも古っ!!もうやだ〜(悲しい顔)

日本も昔に比べたら随分国際化してきていて、多様民族化しつつあるのだから
ニッポン国民の反感を買うよりは、一つのチャンネルにまとめて
見たい人だけが見られるようにすればいいのに。
変に普通に日本の番組を見ようと思ってる人たちに偏った構成の番組を見せるから
反感を買うわけで。

他国の番組だろうと他国の字幕スーパーだろうと、他国よりの情報捏造が番組内で起ころうと
見たい人にだけ見せればいい。
それで視聴率が取れればスポンサーもつくだろうに…

って、つくとは思ってないから現在の様なことになってしまっているのかも知れませんけどねー。


民法だから多少の自由が利くとは言え、自分らが何人なのかを忘れて欲しくないですね。
日本を離れてから自分が日本人である事に誇りを感じるようになったねこmamaのつぶやきです。
posted by ねこmama at 13:55| ロサンゼルス ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | アメリカの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もちろんキチンとCS(スカパー)には韓国専門チャンネルもあるんですよ。
あるのに地上波でのわざとらしいゴリ押し。

結局、「韓国は素晴らしい」「日本はダメだ」という自虐教育の延長上で
日本を洗脳したいだけなんだと思います。


Posted by F1-63XSDTI at 2011年08月03日 17:41
こんばんは

見たい人だけが見れる
良いことですね
日本もたくさんの専門チャンネル
作ってほしいな〜

↓手作りワンピにビックリです
ねこmamaさんは何でも作れるし
行動が早い〜私も見習わなければ(汗)
Posted by aimable エマーブル at 2011年08月03日 20:55
最近、似たようなことで私もちょっと「ピキ!」ってなってました。。。
Japan TV(ほら!私が買ってる有料の日本語番組)で、なぜか韓国ドラマを、日本語吹き替えで流してるんです!! 「だったら韓国語チャンネルを買うがな!!」って思います。。。何の「JAPAN TV」なんでしょう。アメリカでこれって、ちょっと変じゃありません・・?

豚バラ美味しそう!!ねこMamaさんの料理の腕は、プロ!!
Posted by Kana-Mama at 2011年08月03日 22:36
>F1さん

日本だと、CS放送なんかの有料放送に加入する率がまだ低いから
一般の放送でそういうことをやってるんじゃない?
でも、そんな事をアメリカでやったら…どーなるんだろっ??@@



>aimableさん

>日本もたくさんの専門チャンネル作ってほしいな〜
確かにね、言葉はわからなくても
他の国の専門チャンネルをみてるのも楽しいですよ。
インドとか中近東の国のチャンネルとか、
「へぇ〜〜!こんな音楽聴くんだぁ〜!」とか
新しい発見があったりして。^^
日本にもこのシステム、普及するといいですね。



>Kana-Mamaさん

高いお金出して契約してるチャンネルですもんねぇ、
「ピキ!」ってなるのもわかるような気がします。^^;

豚バラは本当に柔らかくトロッと煮えて美味しかったですよー!
Posted by ねこmama at 2011年08月04日 14:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/218120592
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。