2010年09月05日

通じない言葉

日本語ってかなり多様化していて、普通の会話の中でも結構英単語、使いますよね。

私がこっちに来たばかりの時は英語が全然ダメで、実力テストの結果
ABCのクラスから始めさせられたくらいです。(←情けないもうやだ〜(悲しい顔)
でも日本で使っていたカタカナ英語にかなり救われました。

なにしろ他の国から来ていた人達は外来語を母国語の中で使わないようで、
例えば日本語では当たり前の「テーブル」とか「キッチン」とかって言う単語でも
辞書を引かないとわからない位の人達ばかりだったのです。

そんな私が今こちらで生活できているのは偏にウチの主人のお陰でしょう。
主人から「英語」を教わった覚えはありませんが、「英会話(主に英語で喧嘩)」で
英語で会話する事を教わったように思います。たらーっ(汗)

さて、そんな主人と一緒に日本のテレビを見ていると、不思議な質問をされる事があります。

例えば…

「NGってなに?」とか。

そう聞かれて始めて気が付くのですよね。「あぁ、それって日本語なんだぁ…」って。
「No GoodとかNot Goodとかの略だよ。」と答えると「へぇーーーーー!」と感心されます。


他にも「ドンマイってなに?」という質問も。

…そう改めて聞かれてみれば、こっちの人が「ドンマイ!」なんて言ってるのを聞いたことが無い。
中学の時に「ドンマイはDon't mind(気にしない)っていう英語」って教わったのになぁ…。


「OB/OG」っていうのも聞かれました。

「Old boy、Old girlの頭文字を取ってOB/OGって言うんだよ。引退した人達の事。」と教えると
「Old BoyはともかくOld Girlなんて女性に対して失礼な言い方だなぁ…」ですって。


更には「TPOってなに?」っていう質問も。

中学の時の教科書にはTime(時間)Place(場所)Occasion(場合)の略と書いてあったと伝えると
「へぇ〜〜〜!聞いたことないなぁ…」って。


他にも日本では普通に「外来語」として使っていてもこちらでは
通じない言葉はいろいろあるんだけど…


もしかしたらウチの主人が知らないだけなのかなぁ…

それとも日本の学校で教わっていた英語がイギリス英語だったのかなぁ…。
だとしたらイギリスでは通じるんだろうか…。

こちらに来てからかれこれ10年以上経ちますが、
英語に関するモヤモヤした疑問は未だにいろいろとあるのです。たらーっ(汗)
タグ:英語の話
posted by ねこmama at 04:31| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161593493
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。