2006年02月21日

最初の難関

最初の難関、それはなんといっても初日。
前日の夜10時に「吸い納め」をしたので、翌日の午前10時には禁煙開始から12時間が経過。
が、すでにもう辛い…

・「やめる」とは言ったものの、今まで吸ってきたんだから
別に「今日」というこの日にやめなくても…
・後一本だけ吸ってそれで最後にしよう。
・ちょっとシケモクに火をつけるだけなら「タバコを吸った」とは言わないよな。

等々いろんな言い訳が頭の中をよぎる。
私の場合、とにかく最初の「別に今日やめなくても…」という気持ちが強かった。
一生懸命「吸っても良いという言い訳」を頭の中で作り出し、吸いたい自分を正当化し…
「吸いたいィーー!!」という気持ちがまるで永遠に、一生、死ぬまで続くんじゃないかと思われた。
こんな気持ちが一生続くんなら一生タバコ吸い続けた方がマシ!とも思った。
…タバコ吸わない人にはわかんないかもしれないなぁ、この気持ち…

…そして、午前11時、私は自分に負けた。
シケモクに火をつけた…頭がクラッとした…
そして、タバコの火を消した時、罪悪感に襲われた。
「あーぁ、吸っちゃった…」という気持ちと、「ヤツ(うちの主人)はきっと頑張ってるんだろうに…」という気持ち…

タバコをやめるって本当に大変。
本屋さんに行けば「コレであなたもタバコが簡単にやめられる!」みたいな本が
ズラーッと並んでるけど、実際にはそんなに簡単なものじゃない。

一度脳みそがニコチンがある事によって機能するようになってしまうと、
ニコチンなしでは機能しなくなってしまうのだ。
それはまるで、食べ物を食べて機能している人間の体に
食べ物を与えるのをやめてしまうようなもの。
喫煙者にとって「タバコを吸いたい!」という気持ちは
普通の人が「腹減った!」と空腹感を感じるのとほぼ同じ。

これから禁煙をしようとしてる人たち、大変だけど頑張ろう!
辛い気持ちは一生続きはしないから。

身近に禁煙を考えてる人がいる人、茶化すかわりに応援してあげよう。
邪魔する代わりに協力してあげよう。
posted by ねこmama at 03:54| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 禁煙のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13546816
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。