2008年10月13日

ビミョーさ

LAでSons Of Samoaと言うとサモア人ギャングの名前が一番最初に頭に浮かぶのですが、たらーっ(汗)
日本語に約すと「サモアの息子達」
…なのでサモア人の血を誇りとするサモア人男性が好んで使う名前なんです、実は。

このグループも名前をSons Of Samoaといいますが、おそらくニュージーランド出身のバンドだと思います。

実はこのバンド、一枚だけ自費でCDを出した後どこかへ行ってしまったようで現在消息不明。
しかも、初回に焼いた分のCDしか巷に出回ってないので、今となっては
新品をお店で手に入れることはほぼ無理な状態。
ウチの主人いわく、「アイランド人は金持ちになる事への執着がないから、一枚CD作って
それなりに現金が手に入ったから『もういいや。』ってなってるんじゃないの?」と言ってます。

…なんだか私もそんな気がします。ふらふら



終始サモア語のこの歌「Rosa」歌詞の内容は私には全く不明です。
おそらくラブソングだろう…とは思うのですがね。

そんな、何を言ってるかわからない曲に私が惹かれた理由は
このビミョーな「ズレ」なんですよ。

演奏されてる音楽も、歌われている歌も、なんだかビミョーにズレているのですよ。
この「ズレ」がなんだか心地がいい。

きっかりと計算されて作られた音楽も良いけれど、
こんなビミョーなズレは作れる人にしか作れないなぁ…と思うのです。
ラベル:Sons Of Samoa
posted by ねこmama at 14:37| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。