2008年07月25日

使用後

DSC00622.jpg
ローズマリーに続いて、最近はアイビーの増殖をしております。

…じゃなくて、見ていただきたいのは素焼きの鉢たち
あれから一ヶ月以上も経つというのに未だにどの土を使うか決めていなかったのですが、
とりあえずテストで作った小さな鉢たちを実際に使ってみたところいろいろと発見が。

DSC00624.jpgまずはこの鉢、上の写真では一番左端においてあるものです。
…見えますか? …シミです。

どうやら土の触れた場所にシミが付くらしく、時間が経つと共に目立つようになってきました。
この粘土はどうやら却下するしかないようです。

更に…

DSC00626.jpgこの鉢を見てください。
これは写真中左から二番目のものです。

ふちの所にやはりシミの様な物が浮き出てくるようになりました。

…気にしなきゃ気にならないんだろうけど、一度目に付いてしまうと気になり始めてきて…。

食器なんかを作る際もそうですが、使う側の立場に立って作品を見てみないとダメですよね。
外見を気に入って頂いて自宅に持ち帰って頂いた作品は、
「使い心地」も良いものでないと満足はしてもらえませんもんね。
見た感じ、手に取った感じ、使った感じ、使い込んで年季の入った感じ…、どれも作品を作るうえで大事だと思います。

ところで、素焼き鉢はもちろん植物を植える為のもの。
土が入り、肥料が入り、植物を植えられて水をかけられる。

DSC00627.jpg

濡れたときの鉢の色も大事かな? …と思いました。

posted by ねこmama at 03:33| ロサンゼルス 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 陶芸あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>「使い心地」も良いものでないと満足はしてもらえませんもんね。

そうですねぇ。
見た目は良くできたフリーカップを
「持つところが太い、これじゃ女性は握れない」
と母に却下された時の気持ちの落ち込み用と言ったら・・・。
Posted by F1-63XSDTI at 2008年07月25日 10:10
>母に却下された時の気持ちの落ち込み…
私の場合はウチの主人でした。コーヒーカップの取っ手に指が入らない、と。^^;

いやぁ、それは私のせいじゃなく、あの人のブッとい指がいけないんですけどね。^o^
Posted by ねこmama at 2008年07月25日 12:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。