2008年06月19日

植木鉢

DSC00254.jpg

例の植木鉢が焼きあがりました。結果は…ちょっと期待はずれ…。バッド(下向き矢印)

いやぁねぇ、もっと色のバラエティーがあると思ったのですよ。
こげ茶とか、赤っぽいのとか…。

ところが焼いてみたら全部同じ色。(厳密に言えば少しずつは違うのですが。)
私が欲しかった色としては濃い目の赤茶、ヨーロッパの方で生産されている
素焼き鉢の様な感じの土が欲しかったのですが…。

感触的にはかなり近いのですよ。土の粒子が細かい分繊細な感じに仕上がって。

う〜ん…あせあせ(飛び散る汗) 
今後どの土を使うかを決めるのは少し時間がかかりそうです。
posted by ねこmama at 09:26| ロサンゼルス ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 陶芸あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あらら、せっかくお試しで買った粘土なのに色が似ていて残念でしたね・・・
以前、教室で植木鉢ばかり作る人がいて、黄色の粘土がすごく良かったです。
イタリアっぽくて素敵な素焼きだったのを覚えています。
Posted by ake at 2008年06月20日 14:34
>教室で植木鉢ばかり作る人がいて
…素朴な疑問ですが、その方、全部自分用だったんでしょうか?

そうそう、西洋の素焼き鉢、つまりテラコッタの鉢は繊細な感じがしてステキなんですよね。
逆に南米からの素焼き鉢はもっと荒い感じ。

…素焼き鉢もなかなか奥が深いのかもしれない…と、最近思いはじめました。
Posted by ねこmama at 2008年06月25日 05:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。