2011年06月03日

イースター

しばらくサボっていたので、ネタがちょっと古いのですが…


4月23日、一日早い*イースター(復活祭)をみぃみのいとこ・はとこ達とやってきました。
*キリストが生き返ったと言われている日。



イースターについての宗教的な詳しい事は私はよく知りませんが、
一般的なアメリカの家庭では、子供達のための日(と、私は理解しています)のようです。

プラスチックの卵の形をした容器にお菓子などを入れてあちこちに隠しておくのです。
それを子供達がバスケット片手に探し出す…と、まあ…完全に子供のための日ですね。

DSC04040.jpg
卵を拾うみぃみ

みぃみはその日一日楽しく過ごしたのですが、
どうもウチの主人にとっては複雑な気分だったようで…。


まずはこの写真をご覧下さい。


DSC04061.jpg

みぃみが何かに向かって元気良く走って行っています。



みぃみが走って行ったその先には…






DSC04062.jpg

男の子。

みぃみにはこの日初対面のはとこだったんですが、
他の子たちはみぃみよりうんと年上だったので、この子がみぃみと一番歳が近かったのです。
そのせいか、初対面にもかかわらず二人はこの日一日仲良く遊んでいたのですが…


「いつの日かさ…みぃみはこうやって他の野郎の所にこうやって行っちゃうんだよな…失恋
と、傷心のウチの主人。

「イヤイヤイヤ…そうなる前には反抗期も来るしさ、みぃみが十数年後に
今のままの『*天使』なわけじゃないしさぁ…」
*私にとってのみぃみは現在の所『小悪魔』ですが。たらーっ(汗)

と、言っても主人の心は晴れず。曇り

娘を持つお父さんって…皆こんなんなんですかね?わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
posted by ねこmama at 13:19| ロサンゼルス ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | みぃみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亭主とワイフ

「亭主元気で留守がいい」




…それはまさしく我が家の事。ふらふら


まー!とにかくウチの主人はおしゃべり。(みぃみも主人に似ておしゃべり…。もうやだ〜(悲しい顔)

仕事から帰ってくると、まるで小学生の子供のように
今日は仕事で何があったとか、誰が誰になんて言ったとか、
帰りの道中でどんな事があったとか、運転しながらこんな事考えてたとか…etc。

家に帰ってきたら帰って来たで、みぃみの髪の毛が伸びてきただの
みぃみのあの表情は私にそっくりだの自分にそっくりだの、とまぁ話は止まらない。


イエね、「黙ってろっ!」って言ってるわけじゃあないんです。
ただ、主人のしゃべり方が、まるで、泳ぐのをやめたら死んでしまう魚、のように
しゃべり続けるのですよ。
しゃべり続けるってね、本当にしゃべり続けるのですよっ?!

それは…


私がテレビを見ていようと…



夕食の支度をしていようと…



外で庭仕事していようと、何をしていようと!

私の後を金魚のフンのようについて回ってはあーだこーだとしゃべり続ける。



主人が仕事に出かけると「ほぅっ…ダッシュ(走り出すさま)」とため息が出るのです。たらーっ(汗)

「『亭主元気で留守がいい』とは日本人もよく言ったもんだわ。」と言うと、

「え゛ーーー!日本人はそんなこと言うのぉー!
頑張ってる世の中のお父さん達がかわいそうじゃない!云々かんぬん…」
と、コレはコレでまた話が続くのです。



さて、そんなウチの主人ですが、たまに口にするのがこれ。

「Happy wife, happy life」

嫁さんがハッピーなら自分もハッピーな生活が送れる、みたいな意味で
既婚のアメリカ人男性がよく言う言葉らしいです。

ウチの主人はたまにこうつぶやくと、私のご機嫌取りをしてきます。

「mamaっ!?今日はゆっくりしてて!みぃみと一緒に公園に行って来るから。わーい(嬉しい顔)」とか、

「mamaっ!?今日は僕が夕飯作ってあげるっ!晴れ」とか。

ま、それはそれで助かる事が多いので良いのですが。


それにしても、夫婦の考え方…

国が違うとこうも違うんですかね?

それとも、我が家だけなんでしょうか???
posted by ねこmama at 12:40| ロサンゼルス ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 主人ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。